特別な普通になる

うつ病で苦しんでいたとき、精神科医から「普通に生きるのが一番幸せなんですよ」と言われたことがある。
そのときは、まだ若かったし、もがいていたから、はぁ、、、という感じでピンとこなかったけれど、歳を重ねたいまは、うんうんと頷ける。

「普通」という何氣ない言葉に、きちんと意味合いをつけ、響きを感じ取ることができるようになったから、かもしれない。
普通、という一見つまらなく感じる言葉。
そこに反応できるようになったことが、いままでの学びの成果なのかな、とも思う。

ずっと昔は、学びのあと、こんなことも知った、こんなひととも知り合った、そんなわたしって凄いわ!なんてちょっと傲慢になることもあった。
それくらい、何かを学ぶということ自体が面白かったし、ある意味、自信にもつながっていた。
そして、そう感じることが必要だったのだとも思う。
だけど、それだけだとそこで成長は止まってしまうから、次はもっと地味で繊細な学びが待っていた。

どちらかというと、新たな知識というより既存のものを問い直す、または微細に感じる、という根気強い学びの数々。
たとえば、ありがとう、の言葉とか、いただきます、と手を合わせるときのエネルギーとか。
普通の生活のなかに何を感じ見出していくか、みたいな世界。
たとえば、マントラという神さまの言葉を学んでいたら、娘と話すときの自分の言葉や声の響きを感じていくようになっていったのだ。
神さまと日常を、聖と醜を、天と地を統合していくような感覚を磨いていく感じかな、と思う。

そうして、
どんどん己を小さく、謙虚に見出すようになっていく。
広く深い世界のなかの小さなわたし。
でも、とても大切なわたし。
卑下でもなく、過信でもなく、おごりでもなく、ダメ出しでもなく。
このバランスはなかなか難しい。
でも、とても愛おしい。

揺れのなかで、流れのなかで、たまに焦りながらイライラもしながら淡々とバランスを感じて舟をこいでいく日々。
それが、普通の幸せ、だと感じる。
そうして、だから、言霊っていうのだろうな、とも思う。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • みしぇる

    2021.10.09 04:49

    TKさま いつもあたたかなメッセージをありがとうございます。 感性豊かに感じてくださり、TKさまの繊細なセンスが本当に素敵だと思います。 「舟に揺られるように進んでいく日々」、仰る通り、まさに日常とはそのようなものであると思います。 何気なく、でもかけがえのない一瞬一瞬の積み重ね。 どうかTKさまの日々の一瞬一瞬が光り輝くものでありますように。
  • TK

    2021.10.09 04:17

    こんにちは。特別な普通っていい言葉ですね。 何気ない日常のひとこまひとこまをより微細に感じれるのは、心と体のバランスが取れてて、感覚の解像度を高く保ってないと難しいと思うので、今すごく普通で素敵な毎日を過ごされているのだろうなと思いました。 穏やかさと刺激と笑顔と温もりと、ほんの少しの冷たさと、それらを内包して舟に揺られるように進んでいく日々は代え難いものだろうなと。読んでいて、少し今の自分を振り返ることができました。有難うございます😊

おやつやさんのおやつとお手当

おやつ、お手当、生きる、家族、痛み、性被害、光… ここは小さな水源。